FC2ブログ

銃をとれ、銃をとれ、これは戦争だ。

ある人を狂気に駆り立て、武器を取らしてしまう。
武器は憎悪を作り出す。

その銃をオブジェに変えてしまった・・・
鉄でできたオブジェは、濃いサビにおおわれていて、その具合が時間や風化を語り、かつて銃だったことを滑稽にかたることによって人間のお愚かさを示しているのだろう。

オブジェは読書をしたり、楽器を奏でたりしている。
平和だからこそある日常だ。

「戦争なんてまっぴらだ」

「武器をアートに」
かつて紛争地だったモザンビークが
「銃を鍬に」「銃をアートに」との取り組みで銃をアートに変えた
プロジェクトの一端を新潟駅南キャンパス「ときめいと」でみることができます。
2月21日まで。

これらのオブジェがかつて銃であったこと、
銃がものを言うこと、
あの重量感が毎日の生活にあること。
想像するだけでゾッとする・・・

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/484-f74bbc34

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99