なんとも贅沢な

ソリストたち。
音を集め表現する者。
東京交響楽団新潟定期演奏会が開かれました。
今回は沼尻竜典指揮で3つの協奏曲。今シーズンの一番楽しみにしていたプログラム。

神尾真由子のメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲
宮田大のエルガー、チェロ協奏曲
ミトスラフ・クルティシェフのチャイコフスキー、ピアノ協奏曲1番

豪華なソリスト。
エルガーのチェロ協奏曲は悲しみや慈しみが感じられてまた、宮田さんはオーケストラと楽器で会話しながらリードしていくように音を作っているようだった。

クルティシェフは、フワーと入場してきたと思ったら、いとも軽々と、華やかにピアノから音を集めました。ピアノから発する綺麗な粒子の音に心が洗われました。
アンコールではまた、軽々と、ショパンの革命を弾き、フワーとステージを後にしていきました。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/476-281c341a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99