FC2ブログ

オルセー展

行ってきました。
マネ、モネ、モリゾ、ルノワール・・・
印象派の巨星たちが目の前に現れる。
やはり、絵画は画集とかではなく、本物を経験しなくちゃ。

ホイッスラーの母の肖像画やカイユボットの「床に鉋をかける人々」を観れてよかった。
それにしても、多くの印象がが並べれれている中でセザンヌの作品が浮かび上がるように見えてしまった。
彼の眼、絵画に何を期待するのかが彼だけ、独特だったのだろう。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/449-db897482

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99