FC2ブログ

ミヒャエル・ボレマンス展@原ミュージアム

現代の作家を見るのは楽しみである。

ミヒャエル・ボレマンスの絵画のため東京へ行った。

ホッパーのように現代の「孤独」に焦点があたっているようにおもう。
ボレマンスは伝統的な油絵の手法に立脚しながら、現代的な透明メディウムを
つかい(多分)、ガラスの表面のような独特の質感、個性を魅せる。

作品自体は小さいものだが、脳裏に焼き付く作品ばかり。

「はッ」と目覚め、今の体験は、はたして夢か現実か?
と不思議な感触がのこる。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/435-4cf7a05a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99