FC2ブログ

キャンベル・スープ

アンディ・ウォーホル展@森美術館行ってきました。
会場は天井の高いニューヨークのおしゃれなカフェのよう。
作品が美術館を感じさせない雰因気にさせたのでしょう。

アトリエをファクトリーと呼んでいたアンディですが、そのファクトリーも再現、また
ものを捨てる音ができなかった彼は片っ端からダンボールに手紙やら紙切れなどを入れタイムマシンと呼んでいたとか。
バスキアとのコラボ作品や銀紙を膨らまして浮遊させる銀の雲(じつはこれ、見たかった)もあります。
なかなか盛りだくさん。

まさに、アメリカ、ポップアート。
未だに人気のウォーホル、かなりの入場者です。
曜日と時間帯を考えていきましょう!

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/433-dbf26ebb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99