FC2ブログ

古代ローマ帝国の遺産展

久しぶりの美術の話題。
先月でしたが、上野の国立西洋美術館で行われている古代ローマ帝国の遺産展にいってきました。
皇帝アウグストゥスの大理石彫刻や壁画がみれます。
壁画のモチーフは自然と神々。キリスト教化前なので天使やローマの神様がモチーフとして出てきています。神々も植物のように身近に居る存在と感じていたのでしょう。
彫刻は威厳が感じられ、壁画からは穏やかな生活が想像できます。
なかでもポンペイの「黄金の腕輪の家」のフレスコや浴室が再現されています。
必見。
また、ヴァアーチャルリアリティー技術で作られたポンペイの街の様子、あまりにもきれいです。
花と植物、南イタリアの太陽をたっぷりと感じられる展覧会です。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/231-35f9293d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99