FC2ブログ

世界がもし100人の村だったら@ときメッセ

「世界がもし100人の村だったら」そのうち20人が栄養が十分ではなく、1人は死にそうです。でも15人は太り過ぎです。
世界の現状を分かりやすく説明したこのを翻訳した池田香代子さんの講演がありました。場所はときメッセ。(池田さんは「ソフィーの世界やフランクルの「夜と霧」も翻訳しているんですね。びっくり。「夜と霧」は人間がいかに困難な状況であっても高貴な精神が存在することを教えてくれる、心が揺さぶられる本です。)
印象に残ったのはWFPが行っている給食プログラムの紹介。家の手伝いや労働のため学校へ行けない子供たちに(とくに女性)、学校へ来てもらい教育を受け、給食をとり、心も体も栄養を取るもの。こどもたちは勉強を好きと言い、将来の夢がもてるのです。

読み書きができないと自分で思考ができず「自己」が形成しない。
教育というのは肉体以上の人間をつくるのですね。
有意義な土曜日でした。
今回の講演は来週新潟市で国連軍縮会議が開かれるのを記念して企画されました。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/196-14d6a3ed

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99