FC2ブログ

いってきました、その2、ゴーガン展

東京国立近代美術館のゴーガン展行きましたよ。
タヒチでの晩年の大作「われわれはどこからきたのか、‥・」日本初公開です。
見てみたかった作品です。
期待に胸を高ぶらせ、壁を越えると大作が姿をあらわしました。
オーケストラ演奏の幕開け!
と言いたいところでしたが、???
率直に言うと、なんだか、迫ってくるものを感じませんでした。
どうしてでしょうか?

なぜ?数日、考えています。
ゴーガンは生と死、文明と野生を
かなり西洋のモチーフをとおして見ているような気がします。
それでこその宿命。そして血なまぐささと苦悩。

南の島に2年間暮らしていたぼくの正直な感想です。

ゴーガンの苦悩と絶望、その過程である絵画。
ゴーガンを批判する気は毛頭ないですが、メアリー ブレアのように
「しあわせのありか」を最後まで知ることも、見ることもなかったようです。

この記事のトラックバックURL

http://aigallery.blog97.fc2.com/tb.php/191-e7b92f1b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99